林忠彦賞

 

 

第26回林忠彦賞募集要項

応募方法/応募用紙

下記応募用紙に、住所・氏名・略歴等を明記し、制作の主旨を400字以内にまとめてお送り下さい。(自作も可。)

第26回林忠彦賞募集要項 第26回林忠彦賞募集要項

応募用紙ダウンロード

PDF形式の書式をダウンロードする場合は、アドビリーダーが必要になります。
お持ちでない方は、アドビ社が無償提供する「Adobe Reader」を下記のアイコンで提供していますので、クリックしてください。

Adobe Reader Adobe Reader ダウンロード


資 格

国内居住であれば、アマチュア、プロ、年齢、性別、国籍を問いません。

テーマ

自由

対 象

2016年(1月1日~12月31日)に写真展、写真集、雑誌、公募等の表現媒体ですでに発表された作品。
受賞記念写真展を開催する関係上、35~70枚程度の写真で構成された作品(同一テーマによるもの)。
※応募用プリントに関して
  • 六ツ切から四ツ切程度(インクジェットプリントも可。)
  • できるだけファイリングした状態でご応募ください。
    (ファイリングできない場合は、裏面に順番を明記。)
「写真展」での応募
  • 「写真展」で展示した作品のプリントをお送り下さい。(展示していない作品は対象外となります。再プリント可。)
  • プリントの代わりに「写真集」をお送りいただくことも可能です。(その場合は展示した作品がわかるように明記。)
  • 「写真展」の会場内でポートフォリオなどを置いていた場合は、そのプリントも展示作品として含めることができます。
  • 巡回展示や会期中展示替えがあった場合は該当プリントがわかるように明記してください。
  • 資料として、写真展の「案内ハガキ」や「展示風景のプリント」などを添付し、発表時期や状況がわかるようにしてください。
「写真集」での応募
  • そのまま「写真集」をお送り下さい。
  • 資料としてプリントを添付されても構いません。(その場合は写真集に掲載されているプリントのみが対象です。)
「雑誌」「公募」などでの応募
  • 掲載誌あるいは発表した作品のプリントをお送り下さい。(発表していない作品は対象外となります。再プリント可。)
  • 発表状況がわかる資料「案内ハガキ・チラシ」などを添付してください。
  • プリントの代わりに「写真集」をお送りいただくことも可能です。(その場合は発表した作品がわかるように明記。)

作品の返却

返却方法は、受取人着払いの宅配便となります。
ただし、最終候補作品については、資料として作品をご提供いただく場合があります。

審査委員

大石 芳野(写真家)
笠原美智子(東京都写真美術館事業企画課長)
河野 和典((公社)日本写真協会出版広報委員、日本カメラ社編集顧問)
細江 英公(写真家、清里フォトアートミュージアム館長)
有田 順一(周南市美術博物館館長)

       (敬称略・五十音順)

締 切

2016(平成28年)12月31日(土)必着

ブロンズ像(笹戸千津子作「爽」)及び賞金100万円

選考発表

審査後、受賞者に通知するとともに各報道機関に発表します。(2017年3月上旬予定)
授賞式は東京で行い、東京と周南市において受賞記念写真展を開催します。
受賞作品は主催者が保存のため、銀塩ペーパー・全紙サイズで再制作し、林忠彦コレクションとして周南市美術博物館に永久保存します。

個人情報

ご記入いただいた個人情報は、林忠彦賞に関する業務以外には使用しません。

応募・問合せ先

林忠彦賞事務局(周南市美術博物館)
〒745-0006 山口県周南市花畠町10-16
TEL 0834-22-8880  FAX 0834-22-8886

主 催

公益財団法人 周南市文化振興財団

共 催

KRY山口放送

後 援

読売新聞社

協 賛

富士フイルム株式会社

 

 
林忠彦賞事務局
〒745-0006 山口県周南市花畠町10-16(周南市美術博物館)
TEL 0834-22-8880 FAX 0834-22-8886